スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : :

義足のランナー

なんか 小さいクモがマウスカーソル狙ってきます。

J.O.K.E.Rこと三澤です。

嬉しいことに、しっかりした記事かく暇がないほど忙しいんで
またしてもCGと関係ないことでつないでおいてすいません。

ロンドンオリンピック盛り上がってますねぇ~。
まともに見ることはできないながら、それなりにチェックはしてるんですよ。
サッカーも盛り上がってるし 水泳も戦後最多メダルらしいし、ああ・・ ビールとつまみとソファーと時間さえあれば、たまらん時期ですよ。

そんな中 ちょっと驚いたニュース。
昨日(4日) "両足義足のランナー"オスカー・ピストリウスが陸上男子400メートル予選を2位で通過したってヤツ。 

えっ!義足の選手ってオリンピック出場できたんだ!って全く知らなかったんでちょっと調べてみました。

以前は(2008年)国際陸上競技連盟 (IAAF) はカーボン製の義足による推進力が有利の可能性があるってことで彼の出場を認めなかったわけだけど、その後色々あったらしく最終的には 2008年5月16日のCAS (スポーツ仲裁裁判所) の判決で彼の健常者のレースへの参加が認められたという経緯。
認められた理由は、カーボン製の義足が有利であるという証拠が不十分だってこと。

そんな彼、 今回ロンドンで見事、準決勝進出が決まりましたよ~!

おめでとう!! 感動した!!

・・と 言いたい所だけど、このCAS (スポーツ仲裁裁判所)が下した判決、ちょっと大丈夫かな??個人的な意見だけど ぶっちゃけこれは安易すぎるんじゃないか・・?


まず CASが下した判決理由「カーボン義足が有利である証拠が不十分」ってとこ。

確かに どこまでいってもまともな比較などできないわけで、科学的な証明は当分難しいでしょう。
ということは、現時点で健常者の記録より遅ければまず問題が無いとしてるが、健常者より早くなれば問題視されるようになり、こ、こりゃあ・・・今より大きな差別問題がでてくるでしょ!??

「カーボン義足が有利である証拠が不十分」?? そんな曖昧な理由では、簡単に判決を下せるもんじゃないと思うんですがね・・。

上記のような話題になると次にでてくるのが レギュレーション策。 
「将来、しっかりしたレギュレーションが定まれば義足問題も解決。」なんて安易なことをいう意見も聞こえてきそうだけど、 そもそも レギュレーションってできる限り公正な条件を持たせるためのものって前提があるわけで、 義足のような一部の選手しか装着が難しいものに対してはレギュレーションの定義自体がおかしくなるんじゃなかろうか・・・。


そんなこんなを語ると、「じゃあ障害を持つ人間は一生健常者のレースには参加できないのか!!?」とやれ人権問題だとか、やれ差別だとか騒ぎ出す団体がでてくるかもしれないけど、ぶっちゃけ これはそういう問題とは全く別だと思う。 
どんなけ頑張っても どんなに夢をもっていてもオリンピック出場の夢を叶えることができない体質や境遇をもった人間はごまんといるわけで、それが道具の技術力しだいで出場できるようになってしまえば、色々な問題が出てくるのは目にみえている。

オリンピックは肉体の限界を競う大会で、何でも出りゃあいいって分けじゃない。 誰もが平等に出ることができる大会じゃないからこそ、人々は様々な夢を恵まれたアスリート達に託すわけで (どんな大会でもそうだと思うけど)努力と技術力しだいで誰もが出場できる物であってはならない部分も少なからずあると思うんですよ。

きつい言い方かもしれないけど、オリンピックはあくまで生身の体で勝負する大会。
大会ってだれもが出場できるもんじゃないでしょう?
 
男子の大会で女子が優勝したり、女子の大会で男子が優勝したり、国内の大会で海外の選手が優勝したり、大人の大会で子供が優勝したり、そんなこと簡単にはまかりとおらないでしょう?
大会ってのはそういうもんです。 そういう前提を皆、理解して楽しんでる。
自分が望むものじゃなかったっと言って そこに差別問題を出すのはちょっとズレてる。

とは言っても 障害を持つ人がオリンピックに出場することには全く問題は無いと思うし、むしろそれに向かって努力する姿は本当に美しいとすら感じる。 でも生身の体ってところが肝心。

目が見えないのに風を読んで小さい的を弓で射る。

筋力は全くないが技術で誰よりも砲丸を飛ばす。

重度の知的障害をもちがならも、誰よりも試合の駆け引きに長けている。

両腕がないのにだれよりも早く泳げる、


不可能かもしれないけど、こんなことがおきれば それはもう誰もが認めざるを得ない素晴らしい事実だが、
もし将来 科学の発展があったとして

目がみえないから、有利かどうか証明ができない 視力の高い人口視覚で的を射る。

筋力がないから、筋力補助器具をつかい、砲丸を飛ばす。

知的障害を持つため、脳内コンピューターで試合の駆け引きを補助する。

両腕がないため、特殊な義手で早く泳ぐ。


このようなことが可能になったとき、人々は素直に彼らの勝利を喜べるのだろうか。 敗れた選手は、勝敗を受け入れられるのだろうか。

まっ これは極端かもしれないけど じゃあどこからが極端か誰が決められるんだろうか・・。
だからこそのレギュレーションも本気で考えないといけないはず。

何でもかんでもだめ!って門前払い的な考えは将来もちろん古い考え
になっていくはずだけど、
現段階ではとてもじゃないけど簡単に判決を下せるような話じゃない。

個人的にはオスカー・ピストリウスの計り知れない努力や功績はいろんな意味で称えるべきものであると思う。
だからこそ、これはもっと深く考えなあかん問題でしょ?

なにが悪かったって?

そりゃ こんな深~く繊細な問題を 明らかに世論に気を使って急いで出したんじゃねぇのかっ?てくらい 訳の分からない安易な理由で判決を下した CAS (スポーツ仲裁裁判所)じゃないかい?





まあ でもここを通過せな、歴史は前には進まんからねぇ。


2012-08-05 : その他 : コメント : 6 :

みんなのコメント

さん : 2012-08-27 17:43
このコメントは管理人のみ閲覧できます

さん : 2014-07-29 19:03
このコメントは管理者の承認待ちです

さん : 2014-08-21 19:43
このコメントは管理者の承認待ちです

さん : 2014-08-29 00:24
このコメントは管理者の承認待ちです

さん : 2014-08-31 21:20
このコメントは管理者の承認待ちです

さん : 2014-09-03 11:30
このコメントは管理者の承認待ちです
Pagetop
コメントの投稿

ホーム  prev »

GALLERY


V-ray for Cinema4D
象さん850 センチュリー850 センチュリー2 冬景色750-1400 廊下900-675 ホテル2 850 ホテル850 PH5800.jpg スワン800
Shade
OKUHIDA850.jpg 教会1900 教会2900 教会3900 沖縄700 court600.jpg New life2 バルセロナ800 LC4800.jpg セブン800

HP




CONTACT ME




CG制作のご依頼、ご質問お待ちしております。 詳しくは上記メールフォームよりお気軽にお問い合わせください。

PROFILE

J.O.K.E.R三澤

J.O.K.E.R三澤
age:31
location:Osaka

ハイクオリティCGデータ素材

CATEGORY

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。