スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : :

車の続き ~角のアールについて~

ネタがあるって素敵~なこと~。

大まかなモデリングは完了。

w2.jpg


たぶん、こういうのを作るときってどこまで作るか悩むと思うけど、私の場合は基本的に見えるとこだけ。
使用目的と使用アングルがある程度決まっているってのが条件。
内観や外観パースのときも、余計なところまで作りたくないから まずおおよそのアングルから決めることが多いです。
相手にもその辺を理解してもらって、ラフスケッチでアングルを確認してもらったりします。 
昔はひたすら全部作ったりしたけども(笑)
合理的になったのか、こだわりが少なくなったのか、今じゃそんな気すらおこらない。

ともかく、車は見えないところまで恐ろしくて作る気にはなれません。 
いやはやエンジン部まで作りきってる人よくみるけど、クレイジー(ほめ言葉w)としか思えません。

その代わり見える部分の形状はこだわりを持って仕上げます。


テクスチャ設定やその他細部はまだだけど、とりあえず簡易的なレンダリングで形状チェック。

front2.jpg
back2.jpg

アホほど写真資料と見比べでもしない限り、形状はこれで問題ないでしょう。


その他部分的なカット↓
up1.jpg
up2.jpg
up3.jpg

ちなみに家具のときもそうだけど、気をつけたいのが角のアール(エッジベベルの量)。
たかが数mmにも満たない、ちょっとしたアクセントの生むハイライトラインがぐっとリアリティをあげるっていうのは皆さんご存知だと思うけど、細すぎても太すぎてもウソくさくなるから手をやく。 

大変なのがシェーディング表示ではOKそうに見えてもいざレンダリングすると、「もうちょっと細かったりしてた方がよかったのかな?」なんで思ったとき、エッジベベルのかけ方によっては修正がきついっていうこと。
modoでは、ベベルを元に戻すプラグインがあるって聞いたことあるけどC4Dではないのかな?(誰か知ってたら教えて~)。。

SDSで角アールをつけたい場合、私は大きく分けてもっぱら以下の二通り。
w.jpg

1、(黄色)アールをつけたいエッジに対しエッジベベルをかける。
2、(青色)アールをつけたいエッジの両サイドにループカットをいれる。
※それによって、アールをつける前のポリゴン形状も変わってくるので注意。
あ、ちなみに余談だけど、Shadeにもエッジベベルとループカットは最低限入れてほしい!

でSDSかけるとこんなかんじ↓
SW.jpg
s.jpg

黄色い方にくらべて、青い方はポリゴン数も増えるしパッと見 複雑にみえるけど、
アールの幅を修正したい場合など、KyamaSlideっていうプラグイン(フリーだよ)でエッジをまとめて滑らせるだけで調節できたりする。
カットを入れる場所も意外と直感的に理解できることが多いので個人的には好きな入れ方。
逆に、黄色の方は、エッジベベルをかける順番を間違えたりすると、複数エッジがぶつかるところで反乱が起きたりするから扱いにくいときがある。。 

とはいっても、なめらかな曲面が多かったり極端に細かい形状だったり、場合によっては青色の方が不向きなときもあるので、まあ、シチュエーションに合わせて使い分けるのが、あたりまえだけどやっぱりベター。
2011-10-11 : CG V-ray Cinema4D Car : コメント : 0 :

みんなのコメント
Pagetop
コメントの投稿

« next  ホーム  prev »

GALLERY


V-ray for Cinema4D
象さん850 センチュリー850 センチュリー2 冬景色750-1400 廊下900-675 ホテル2 850 ホテル850 PH5800.jpg スワン800
Shade
OKUHIDA850.jpg 教会1900 教会2900 教会3900 沖縄700 court600.jpg New life2 バルセロナ800 LC4800.jpg セブン800

HP




CONTACT ME




CG制作のご依頼、ご質問お待ちしております。 詳しくは上記メールフォームよりお気軽にお問い合わせください。

PROFILE

J.O.K.E.R三澤

J.O.K.E.R三澤
age:31
location:Osaka

ハイクオリティCGデータ素材

CATEGORY

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。